関西でコールセンター求人、契約社員、アルバイトをお探しなら、かんでんCSフォーラム|人材育成担当(原田晶子)からのメッセージ

かんでんCSフォーラムで活躍しているスタッフから、皆さまへのメッセージです。
コールセンターは、人とひとのふれ合いの中で生まれるサービスを提供しています。
お客さま対応するコールセンターの中心はひと。多くの個性の集まりです。
当社では、たくさんのスタッフ一人ひとりが、それぞれの思いや目標、夢を持って働いています。
ここでは、当社で働くトレーナー(人材育成担当者)の生の声をお届けします。

◇プロフィール/志望動機

****************************
コンタクトセンター事業部
トレーナー
原田 晶子【2005年入社】
****************************


前職ではフィットネスジムで仕事をしており、最初はスポーツ業界の資格取得の費用のためにコールセンターで働き始めました。

いずれはジムに戻る予定だったこともあり、コールセンターを長く続ける予定ではなかったのですが、私を根気よく指導し優しくサポートしてくれる先輩や仲間に恵まれたことや、お客さまのお役に立てるこの仕事自体が楽しくなり、今まで続けることができました。


オペレーターからスタートして、その後センターでのトレーナーをしていたのですが、
打診を受け、本社で人材育成の担当者として活動することになりました。


今はひとつのコールセンターだけでなく、本社トレーナーとして全センターのSV(スーパーバイザー)を対象に会社の理念や人材の育成に関わる研修を担当するなど、今まで私が周りの先輩たちから教わったことをお伝えしているところです。

◇現在の仕事内容

センターでは電話対応をするための業務知識を中心に指導していましたが、今は本社の人材育成チームのトレーナーとして、オペレーターを指導・育成する立場のSV(スーパーバイザー)やリーダーに対して研修を実施しています。

SVやリーダーに登用されたばかりの方は、「どういう風に指導すればいいんだろうか・・・」と悩みを抱えています。
その悩みを解消するため、ティーチング・コーチングのスキルやメンタルケアの基礎等を丁寧に分かりやすく伝えています。
また、すぐに現場でも活用ができるようにロールプレイングを交えた実践的な内容で研修を行うように工夫しています。

実施した研修の成果は必ず検証し、新しい企画や既存の研修のブラッシュアップ等を行い、より良い研修体制の構築を行っています。

◇仕事の面白味・やりがい

研修を受けることで、今までできなかったことができるようになったり、考え方が変わったりなど、社員の皆さんの成長をみることが一番のやりがいです。

例えば、以前新人の研修をしていたのですが、オープニングトークもままならず、かなり苦戦をされた方がいらっしゃいました。
「もしかしたら続かないかもしれない・・・」と気にかけていましたが、配属後の現場で手厚いサポートがあったおかげでかなり成長されていて、久しぶりに再会したときにはリーダーに昇格されていました。

それ以来、『ひとは教育でここまで変わることができるんだ』と自信を持って育成の仕事ができるようになりました。

◇今後の目標

入社した当初はセンター勤務で会社の理念もよく理解していませんでしたし、いろいろ教えてくれているのに反発したこともありました。
そんなときでも周りが本当に根気よく指導してくださったこともあり、何年か経った後に「みんなが言っていたのはこういうことなんだ」ということがわかりました。


人材育成の担当者として、私自身が教わったことをできるだけたくさんの人に伝えていきたいです。
まだまだ研修を進めるにあたって余裕がなく、伝えることに必死ですが、どういう研修をすれば受講者の皆さんに一番多くのことを持って帰ってもらえるか、ということを追及していきたいと思います。